健康で省エネなお家を建てる為に その233

社長でございます。

私は毎朝、健康で省エネなお家を建てる為に勉強しています。

そこで学んだ事を少しずつですが、お話しさせて頂こうと思います。
よろしくお願い致します。

第233回は、高断熱の技法 3
心地良い暖かさのために
▪️住宅と暖房の参考事例

新住協の資料のスゴイところは参考事例がたくさんあるところです。

まずは、

1. 非高断熱住宅の暖房環境 弘前市の平均的な住宅

在来木造で、断熱は10kg/㎥のグラスウールを100ミリ、居間に煙突式の灯油ストーブ。

間取りは普通の間取りで、全ての部屋を仕切ってあり、個別の部屋での暖房。

居間の温度は夜の暖房で23℃、上下温度差が15℃近くもあり、足元は寒い。

子供部屋はポータブルストーブがあるが、寒く、朝には3℃までさがる。

居間は隙間が多いため乾燥し、ストーブにヤカンを載せて加湿器とし、水蒸気は壁の中や小屋裏で結露する。

 

IMG_0100

ここでのcheck point は、床表面とFL+2400での温度差です。

大きなところでは、15℃の差があります。

そういった現象は断熱の不足にあります。

こういった住環境では、快適な生活は難しいです。

 

ではまた報告させていただきます!

 

私の教科書『新住協の家づくり 燃費半分で暮らす家』

IMG_5656

ホームページリニューアルしました👉 http://fun-sugiura.jp/

まだこれから良くなっていきますので、お楽しみに!

イベント情報

次回のイベントは
1月26日 木曜日
ONE DAY SPECIAL!
aromatableさんによる『風邪予防 アロマミスト作り』
お楽しみに!

Q1.0住宅 ・新築・リノベーション・リフォーム・お家のお困り事は、ご連絡ください!

株式会社ナカムラ
連絡先電話  0759513434
mail  :  info@kk-nakamura.jp
ホームページ:http://fun-sugiura.jp/

健康で省エネなお家を建てる為に その232

社長でございます。

私は毎朝、健康で省エネなお家を建てる為に勉強しています。

そこで学んだ事を少しずつですが、お話しさせて頂こうと思います。
よろしくお願い致します。

第232回は、高断熱の技法 3
心地良い暖かさのために
▪️床暖房は不要

快適な暖房システムと思われている床暖房システムも、これまでの住宅の様に温度が保ちにくい住宅で暖をとるためのシステムでした。

高断熱住宅では、床暖房は不要なのです。

高断熱住宅では日中は窓から入ってくる日射だけで十分家の中の温度が保たれます。

太陽熱暖房設備というものも省エネなイメージでありますが、それも高断熱住宅では不要です。

高断熱住宅では、太陽熱利用にコストをかけるならば、給湯システムを用意した方が、住宅トータルではずっと省エネルギーになるようです。
実は給湯のエネルギーは、意外にも大きく近畿地域で二次エネルギー消費量(電気・都市ガス・プロパンガス・ガソリン等の一次エネルギーが加工されたエネルギー)でいうと33%にもなります。

ちなみに暖房が20.9%、照明・家電が43.3%です。

おそらく一般の方が消費エネルギーが大きいと思われている冷房のエネルギー消費量は、2.8%です。

ではまた報告させていただきます!

 

私の教科書『新住協の家づくり 燃費半分で暮らす家』

IMG_5656

ホームページリニューアルしました👉 http://fun-sugiura.jp/

まだこれから良くなっていきますので、お楽しみに!

イベント情報

次回のイベントは
12月12日 月曜日
LITTLE MONDAY MARKET!
お楽しみに!

Q1.0住宅 ・新築・リノベーション・リフォーム・お家のお困り事は、ご連絡ください!

株式会社ナカムラ
連絡先電話  0759513434
mail  :  info@kk-nakamura.jp
ホームページ:http://fun-sugiura.jp/

 

健康で省エネなお家を建てる為に その231

社長でございます。
私は毎朝、健康で省エネなお家を建てる為に勉強しています。

そこで学んだ事を少しずつですが、お話しさせて頂こうと思います。
よろしくお願い致します。

第231回は、高断熱の技法 3
心地良い暖かさのために
▪️小さな暖房設備

普通の住宅では、二階に寝室や子供部屋があり、これらの部屋の温度は居間よりも若干低めの方が良いことを考えると、高断熱住宅では、一階に小さな暖房設備を備えると、二階はほとんど暖房が不要なことが多い。暖房の熱は、上の方へ容易に拡散するからです。

高断熱住宅では、小さな放熱器を1階の2〜3箇所に分散して設置すれば十分です。

できれば2階のホールにも一つ設置すればもういりません。
ではまた報告させていただきます!

 

 

私の教科書『新住協の家づくり 燃費半分で暮らす家』

IMG_5656

 

ホームページリニューアルしました👉 http://fun-sugiura.jp/

まだこれから良くなっていきますので、お楽しみに!

イベント情報

次回のイベントは
12月12日 月曜日
LITTLE MONDAY MARKET!
お楽しみに!

Q1.0住宅 ・新築・リノベーション・リフォーム・お家のお困り事は、ご連絡ください!

株式会社ナカムラ
連絡先電話  0759513434
mail  :  info@kk-nakamura.jp
ホームページ:http://fun-sugiura.jp/

健康で省エネなお家を建てる為に その230

社長でございます。

私は毎朝、健康で省エネなお家を建てる為に勉強しています。

そこで学んだ事を少しずつですが、お話しさせて頂こうと思います。
よろしくお願い致します。

第230回は、高断熱の技法 3
心地良い暖かさのために
▪️小さな暖房設備

家全体を暖房するのは大変なことだという考え方は、高断熱住宅には当てはまりません。

高断熱住宅は、家全体の熱損失係数が200kcal/h℃程度になるので、内外温度差20℃で、約4000kcal/hの負荷になります。

夜間暖房時で通常の暖房負荷は2000〜3000kcal/h程度にしかならない。

就寝時は暖房を止めた方が生活しやすい様で、朝の温度低下は5℃くらいなので、朝方の立ち上げ時はあまり大きな負荷は必要ないのです。

ではまた報告させていただきます!

 

 

私の教科書『新住協の家づくり 燃費半分で暮らす家』

IMG_5656

 

ホームページリニューアルしました👉 http://fun-sugiura.jp/

まだこれから良くなっていきますので、お楽しみに!

イベント情報

次回のイベントは
12月12日 月曜日
LITTLE MONDAY MARKET!
お楽しみに!

Q1.0住宅 ・新築・リノベーション・リフォーム・お家のお困り事は、ご連絡ください!

株式会社ナカムラ
連絡先電話  0759513434
mail  :  info@kk-nakamura.jp
ホームページ:http://fun-sugiura.jp/

第39回 職人起業塾

11月25日金曜日、第39回職人起業塾へ参加して参りました。
職人起業塾とは、神戸市西区の工務店『すみれ建築工房』の高橋社長が塾長をされているマーケティングの勉強会です。

img_8949
第39回の課題は、『あなたが顧客に与えている価値とは?』

テーマは『『理論構築』は出来ているか?』

課題:あなたが顧客に与えている価値とは?
質問は、あなたが、あらゆる個人・社会を通じて常に承認されるべき絶対性をもった性質とは何でしょうか?
当初、私のこの質問に対する答えは『安心感』でした。

ところが他の方も同じ答えを言われていて、高橋社長が『安心感を与えている性質とは?』と再び質問されていました。
そこで私も気付き、何かと考えると『誠実さ』『真面目さ』という答えが浮かんで来ました。

テーマ:『理論構築』は出来ているか?
あなたの『意図』とは?そしてそれを支える『力量』とは?
質問は、あなたの仕事はなんの為にあり、毎日の仕事で何を行なっていますか?

その整合性こそが理論構築への入口です。暫し考えてみて下さい。

私の答えは、二つありました。

①お客様の暮らしの為にあり、お客様の暮らしの場を作っている。
②建築業界の改善の為にあり、職人さんのより良い労働環境を作っている。

①は当たり前といえば当たり前のことかもしれませんが、以前なら『お客様の為に家を建てる』という感じの答えだったろうと思います。それがだいぶステップアップして『暮らし』という言葉が出るようになったのも職人起業塾のお陰だと思います。

②については、高橋社長に出会っからこそハッキリと意識して持てるようになった考えです。

昔から一般的な建築屋やリフォーム屋よりも職人さんに対しては尊敬の念を持って接していた方だとは思いますが、今は『多分昔の親方はこんな気持ちでお弟子さんを面倒見てたんだろうな。』というような感じで接することができるようになったと思います。

何か問題が起きても職人さんせいにせず、私の段取りの改善を考えれる様になれました。

結果、腹が立たなくなりました(笑)

 

かなり昔から思っていたことなのですが、やはり徒弟制度というのは、素晴らしい制度だったのだと思います。

今はなかなか行うのが難しい制度なのですが、せめて徒弟制度の人間関係・気持ちを継承できれば、建築だけでなく、社会全体の問題も大きく片付く様な気がします。

そんな徒弟制度の様な組織、コミュニティの形成を微力ではありますが、少しずつ広げて行きたいと思います。

 

私が最近気づきつつあること

『自分の使命について』

私の父親が中卒の大工で、子供の頃から建築職人の大人に囲まれ育ち、自然に大工になると思っていました。

ところが、高校を卒業時に大工になろうと思っていたら、父親に『今は資格があって図面が描けて、図面が読めないと話にならん。』と言われ、専門学校へ通い、結局職人にはならず、現場監督に。

そのまま現在に至ります。

私が建築業界へ入ってからは、業界全体がいろんな意味で下降の一途をたどる一方でした。

高橋社長に出会うまでは、本当にロクでもない業界だなとずっと思って今まで来ました。

これは最近機会があると話すことなのですが、まだ高橋社長と出会う前の話しです。

次男坊が小学校四年生の時(現在は中学1年生)、自分のなりたい職業を『お父さんの様なドアを直せる大工さんになりたい。』と参観日で発表したと妻がとても嬉しそうに私に話してくれました。

その時私は本気で『こんな仕事に興味を持たれるなら、現場なんかに連れて行くんじゃなかった…。』と本気で思い、本当にとても悲しい気持ちになりました。
それが高橋社長と出会い、今では『将来の建築業界の為に!』と真逆の考え方になってます。(笑)
これまでの私を振り返った時に最近なんとなく自分の使命が見えて来た様な気がします。
①大工さんになろうと思っていたこと。これは職人さんに尊敬の念を抱ける要因です。
②現場監督をしてたこと。これは現場を俯瞰できるので、職人さんだけの目線や視野に固執しないこと。
③工務店経営者であること。さらに広い視野で建築業界を見ることができます。
④息子が大工になりなりたいと思ってくれていること。強く将来の建築業界のことを考える事が出来る要因です。
⑤現在の建築業界の状態が決してイイ状態にあると言えないこと。特に職人さんの労働条件や社会的地位について。
⑥高橋社長に出会ったこと。
以上を考えた時、将来、建築業界を若い人が積極的に就職したくなるような業界にする事が私の使命ではないかと思える様になりました。
結果、職人になれなかった事、いろんな立場を経験して現在に至ることの全てが、私に『私の使命』を気付かせてくれたのだと思います。
何分まだまだ未熟な為、至らない事ばかりですが、アインシュタインが言った人類最大の発見『複利計算』を利用し、10年後20年後には、私の使命を少しでも果たせる様に日々少しずつ努力を続けたいと思います。
ではまた報告させて頂きます!

 

ホームページリニューアルしました👉 http://fun-sugiura.jp/

まだこれから良くなっていきますので、お楽しみに!

イベント情報

次回のイベントは
12月12日 月曜日
LITTLE MONDAY MARKET!
お楽しみに!

Q1.0住宅 ・新築・リノベーション・リフォーム・お家のお困り事は、ご連絡ください!

株式会社ナカムラ
連絡先電話  0759513434
mail  :  info@kk-nakamura.jp
ホームページ:http://fun-sugiura.jp/

健康で省エネなお家を建てる為に その229

社長でございます。

私は毎朝、健康で省エネなお家を建てる為に勉強しています。

そこで学んだ事を少しずつですが、お話しさせて頂こうと思います。
よろしくお願い致します。

第229回は、高断熱の技法 3
心地良い暖かさのために
▪️断熱が効くとどうなる ③
結局、50ミリの断熱材でも窓の性能を上げれば、日本の大半の地域で快適な住宅を作る事が出来そうです。

高断熱住宅とは、断熱材の厚さを、家全体を暖房した快適な環境を手に入れるときに、地球環境、省資源、省エネルギーを意識しながら、経済的にも現在の暖房費を増やさずにできる最低レベル以上の住宅を作るものと鎌田先生は言われています。

そしてその断熱の厚さは、床・壁100ミリ、天井150ミリ、窓はペアガラス入りの断熱のサッシ、隙間面積3.5㎠/㎡以下ということになるそうです。
部位別の断熱材の厚さと室内表面温度のグラフから、断熱材の厚さを増やしたときの表面温度を見ると、100ミリというのが表面温度の点では一番効率の良いところにあることがわかります。
部位別の断熱材の厚さと室内表面温度のグラフ

img_9053
ではまた報告させていただきます!

 

 

私の教科書『新住協の家づくり 燃費半分で暮らす家』

IMG_5656

 

ホームページリニューアルしました👉 http://fun-sugiura.jp/

まだこれから良くなっていきますので、お楽しみに!

イベント情報

次回のイベントは
11月30日 水曜日
グルーデコ教室
お楽しみに!

Q1.0住宅 ・新築・リノベーション・リフォーム・お家のお困り事は、ご連絡ください!

株式会社ナカムラ
連絡先電話  0759513434
mail  :  info@kk-nakamura.jp
ホームページ:http://fun-sugiura.jp/

健康で省エネなお家を建てる為に その228

社長でございます。

私は毎朝、健康で省エネなお家を建てる為に勉強しています。

そこで学んだ事を少しずつですが、お話しさせて頂こうと思います。
よろしくお願い致します。

第228回は、高断熱の技法 3
心地良い暖かさのために
▪️断熱が効くとどうなる ②
断熱材は、50㎜の断熱材であっても表面温度を18℃前後にまで保つ事ができるようになるとのことでした。

しかし、窓ガラスについては、そうはいきません。

単板ガラスの窓は、外気温と比例して表面温度が下がり、強い冷輻射を人に感じさせます。

外気温が-10℃にもなると、ガラスの室内表面は0℃になり、ガラス面の結露が凍ってしまいます。

そこでガラスをペアガラスに替えると極めて大きな効果があります。

寒ければ寒いほど効きが大きく、室内の放射熱を反射するコーティングを施したペアガラスはさらに効果が高いです。
窓ガラスの表面温度

img_9054

 

ではまた報告させていただきます!

 

 

私の教科書『新住協の家づくり 燃費半分で暮らす家』

IMG_5656

 

ホームページリニューアルしました👉 http://fun-sugiura.jp/

まだこれから良くなっていきますので、お楽しみに!

イベント情報

次回のイベントは
11月30日 水曜日
グルーデコ教室
お楽しみに!

Q1.0住宅 ・新築・リノベーション・リフォーム・お家のお困り事は、ご連絡ください!

株式会社ナカムラ
連絡先電話  0759513434
mail  :  info@kk-nakamura.jp
ホームページ:http://fun-sugiura.jp/

健康で省エネなお家を建てる為に その227

社長でございます。

私は毎朝、健康で省エネなお家を建てる為に勉強しています。

そこで学んだ事を少しずつですが、お話しさせて頂こうと思います。
よろしくお願い致します。

 

第227回は、高断熱の技法 3
心地良い暖かさのために
▪️断熱が効くとどうなる
日本の寒い住宅も断熱材がほんのちょっと効いて、不用な隙間がなくなるだけで、極めて高い改善効果が得られる。

1階の暖房室で見ると、外壁や間仕切り壁が床から50〜60㎝の高さに表面温度の低いゾーンがある。

外気温が氷点下にでもらなると、その温度は10℃以下になってしまいます。

これを断熱が効く状態にしてあげると、50㎜の断熱材であっても表面温度を18℃前後にまで保つ事ができるようになります。

 
断熱材と室内表面温度のグラフ

img_9053

 

 

ではまた報告させていただきます!

 

 

私の教科書『新住協の家づくり 燃費半分で暮らす家』

IMG_5656

 

ホームページリニューアルしました👉 http://fun-sugiura.jp/

まだこれから良くなっていきますので、お楽しみに!

イベント情報

次回のイベントは
11月30日 水曜日
グルーデコ教室
お楽しみに!

Q1.0住宅 ・新築・リノベーション・リフォーム・お家のお困り事は、ご連絡ください!

株式会社ナカムラ
連絡先電話  0759513434
mail  :  info@kk-nakamura.jp
ホームページ:http://fun-sugiura.jp/

健康で省エネなお家を建てる為に その226

社長でございます。
私は毎朝、健康で省エネなお家を建てる為に勉強しています。

そこで学んだ事を少しずつですが、お話しさせて頂こうと思います。
よろしくお願い致します。

第226回は、高断熱の技法 3
心地良い暖かさのために
▪️住宅の『寒さ』はどこから来るのか
日本の住宅は、断熱材を施工する様になっても、実はそれがあまり効いていませんでした。

それは、いろんな隙間が外気と繋がっていて、冷たい隙間風を生じているからです。

この結果、暖房している部屋では、床、壁、天井の表面が冷たい部分がたくさん出来、暖房すればするほど、いろんな隙間から冷たい空気が入り込んで床面を這うようになります。

熱損失が大きいため、大きな暖房熱源で加熱し続けなければ、部屋の温度を保つ事が難しく、強い対流によって上下温度差が生じたり、非暖房室との間に大きな温度差が生じてしまいます。

ではまた報告させていただきます!

 

私の教科書『新住協の家づくり 燃費半分で暮らす家』

IMG_5656

 

ホームページリニューアルしました👉 http://fun-sugiura.jp/

まだこれから良くなっていきますので、お楽しみに!

イベント情報

次回のイベントは
11月30日 水曜日
グルーデコ教室
お楽しみに!

Q1.0住宅 ・新築・リノベーション・リフォーム・お家のお困り事は、ご連絡ください!

株式会社ナカムラ
連絡先電話  0759513434
mail  :  info@kk-nakamura.jp
ホームページ:http://fun-sugiura.jp/

健康で省エネなお家を建てる為に その225

社長でございます。

私は毎朝、健康で省エネなお家を建てる為に勉強しています。

そこで学んだ事を少しずつですが、お話しさせて頂こうと思います。
よろしくお願い致します。

第225回は、高断熱の技法
熱・水蒸気・空気のコントロール①
在来木造構法の断熱気密高性能化

▪️新在来木造構法の工程別詳細
屋根断熱

屋根断熱は小屋裏空間が活用できるので、最近はよく採用されています。

垂木に2×10のような幅の広い材料を使い、垂木の間に断熱材を充填させます。

垂木の上端から3センチ程度を通気層とし、その通気層を確保する為に、垂木の上端から3センチの所に溝をついて、2.5ミリベニヤを差し込みます。

img_9052

 

これは以前の工法ですが、現在は、通気を確保する部材が販売されているので、既製の通気確保部材を使います。

ではまた報告させていただきます!

 

私の教科書『新住協の家づくり 燃費半分で暮らす家』

IMG_5656

 

ホームページリニューアルしました👉 http://fun-sugiura.jp/

まだこれから良くなっていきますので、お楽しみに!

イベント情報

次回のイベントは
11月30日 水曜日
グルーデコ教室
お楽しみに!

Q1.0住宅 ・新築・リノベーション・リフォーム・お家のお困り事は、ご連絡ください!

株式会社ナカムラ
連絡先電話  0759513434
mail  :  info@kk-nakamura.jp
ホームページ:http://fun-sugiura.jp/